2018年5月28日~30日の3日間にかけて、ドイツのマインツで欧州最大のコラボレーションサミット(ECS:European Collaboration Summit)が開催されます。
このイベントでは、Microsoft製品のOffice365やAzure、SharePointを中心に、さまざまな「新しい取り組み」や「ベストプラクティス」についての出展と講演が行われます。

LMS365をブース42に出展します

LMS365のドイツパートナーである「Synalis」社がこのイベントに参加し、Office365やSharePointに学習環境を統合することで企業の生産性向上や従業員の働き方変革など推進する方法を紹介します。
LMS365は「Microsoft Teams」と統合されおり、企業内の研修や学習プロセスの中に、自然にコラボレーションやコミュニケーションを組み込むことができるようになっています。

出展では、以下のような機能についても取り上げる予定です。

  • 学習コースのインテリジェント・ウィザード機能
  • 学習コースを見つける新しい検索機能
  • ラーニングモジュールビルダーの新機能
  • クイズビルダーの新機能
  • SCORMやAICCプレイヤーの新機能
  • 学習レポート、進捗管理、修了認定方法
  • LMS365専用モバイルアプリ
  • Microsoft Teamsとの統合

ぜひ、「コラボレーション・サミット」に参加して、Office365と統合されたLMS365を活用した、新しい学習環境の構築と働き方の変革事例を目の当たりにしてください。
「コラボレーション・サミット」への参加登録はこちらからお願いします