世界中の企業は、従業員のトレーニングがいかに重要であるかを認識しています。事実、スターバックスは店舗を完全に閉鎖し、従業員の訓練に多くの時間を使いました。
導入しているLMS(学習管理システム)は素晴らしいものかもしれません。しかし、重要なのは、そのシステムが学習の効果を分析し測定できるのかどうかです。費用が有効に使われていることだけではなく、従業員がトレーニングを最大限活用していることも保証されることが重要です。 学習管理システムを通して、それを行う最善の方法はなんでしょうか?
あなたが検討すべきいくつかのポイントを見ていきましょう

1)トレーニングは適切な人に届いているかどうか

適切な人材が正しいスキルを習得していることを確認するには、個人、特定のグループ、または組織全体に一括して提供できるようにトレーニングをパッケージ化する必要があります。これにより、管理者は特定の従業員または複数の従業員のグループに対して適切なトレーニングを割り当てることができます。たとえば、人事制度については全員に割り当てますが、最新の製品ラインについてはセールスグループだけに割り当てます。

適切な人に向けたトレーニングが開始されたら、次に大切なのは継続して学習に参加させることです。これには、楽しく親しみやすい学習コンテンツを提供することが重要です。 各々が違った学習する場合、さまざまな種類のコンテンツを組み込んで、従業員のニーズを満たします。また、トレーニングが適切で有効であるかを判断するために簡単なアンケートも入れておきます。さらに、学習内容を理解しているか確認するクイズや、ランキング制度を追加することで、トレーニングを面白くして従業員を楽しませたり、得た知識を毎日の仕事で活かせるようにする方法もあります。
これは次のポイントにも繋がります

2)従業員は日々の仕事で学んだことを活用できているか

従業員が最大限に力を発揮した仕事を会社が最大限に活かすためには、日常の業務に関連したトレーニングを行うことが重要です。
従業員の時間は貴重なものであることを忘れてはいけません。不要なトレーニングに貴重な時間を使いたくはないのです。
特定のスキルを磨くトレーニングは、仕事を達成するために必要なことを身に付けることができるのです。
トレーニングを確実にするためには、各チームメンバーまたはグループに最適なトレーニングの流れを確立し、割り当てます。
必要なトレーニングを割り当てることで、従業員がトレーニングを捜す必要はなく、特定のスキルを磨くトレーニングが不足していないか心配することもありません。

学習管理システムを日常のプラットフォームに統合することで得られる従業員のメリットを考えてみましょう。たとえば、Microsoft Teamsを使用した場合、トレーニングを完了するために外部のシステムにログインする必要がないので、トレーニングを通知するのも、アクセスをしてもらうのも簡単になります。さらに、既存のトレーニングをより良くするために、フィードバックも提供しています。

3)トレーニングが効果的であることを証明できるか

将来に備えて、会社の可能性と方向性をよりよく理解するため、学習管理システムは改善すべき点を特定し、全体のビジネス戦略をサポートするのに役立つものでなければなりません。
そうすることで、企業はより効果的に、今後必要となるスキルのトレーニングを行うことができます。また、従業員にコンピテンシーを付与し、ステップアップを明確にすることで、トレーニングを始める動機づけとなり利用を促進します。

しかし、トレーニングが効果的であることを証明する一番の方法は、数字です。
たとえば、Power BIのようなレポートやダッシュボードを使用して、トレーニングの結果を分析、比較、共有します。誰がどのコースを完了したかを確認したり、エンゲージメント(満足度)レベルを共有したり、部門やチームをグローバル規模で比較することができます。

また、各々が持っているスキルを知ることができるので、特定のスキルセットを必要とするプロジェクトの人材を見つけることも可能です。組織の外から探すのではなく、レポートやダッシュボードの情報から既にスキルを持つ人材を探すことができます。

結論として、すべてのトレーニングがすべての人に効果があるわけではないということです。スターバックスのために働くことがあなたにとっていいことではないかもしれませんし、大企業で働く者はそれ以外の企業で働く人とは違います。
考慮すべき最も重要な要素は、従業員です。トレーニングを受けているのは彼らです。マクロとミクロレベルの両方で上記3つのポイントを確認すると、企業全体に利益をもたらす学習の文化を自然に形成することに役立ちます。