デンマークのELEARNINGFORCE International社(EFI)は、過去に多くの受賞履歴を誇るEラーニングシステムであるLMS365のソフトウェア開発メーカーであり、現在、急速なグローバル展開を推進しています。創業者でオーナーであるBjarne Mortensen氏は、彼の持っている株式の一部を外部の投資家に売却し、新しいCEOとして元Vice PresidentのLars Vestergaard氏を2018年1月1日付けで任命しました。

「非常に興味深いビジネスケース」(デンマークの投資機関)

ベンチャー企業であるOmni eLearning社は、Mortensen氏の株式を取得することで、EFI社の将来に投資しました。同社はEFI社の持つ大きな将来性に賛同し、継続的な成長を支えるために1000万ドルの投資を行っています。
Omni eLearning社は、デンマークにある多国籍海運グループWECOの現所有者であり会長のJohan Wedell-Wedellsborg氏と、創設者でLagkagehuset/Ole & Steenグループの元オーナーであるOle Kristoffersen氏とSteenSkallenbæk氏の3名によって運営されています。

「私たちは、非常に興味深いビジネスモデルと、大きな可能性を秘めた市場で成長するための想いと計画を持つ企業に投資をしています。EFI社は2020年までに100万人以上の利用者を獲得することを目標に、製品の改善と開発を進め、グローバルでのパートナーネットワークの構築を進めています。EFI社が持つソリューションとビジネスモデルは無限大です」

Johan Wedell-Wedellsborg氏

マイクロソフトとの緊密なパートナーシップによるクラウドソリューション

EFIは従来のライセンス販売を主体としたソフトウェア開発から、サブスクリプション販売に基づいた純粋なクラウドソリューションに転換するために、この3年間をEラーニングシステムの技術革新に費やしてきました。
LMS365は、成長し続けるMicrosoftのAzureプラットフォームを活用することで、学習環境にいつでもアクセスすることが可能で、世界中の全てユーザーが無制限にアクセスできるようになっています。

重点市場の見極め

「現在、米国、英国、オーストラリアに販売子会社を持っていますが、2020年までには重点とする市場の見極めを行う予定です。LMS365の利用企業は、大規模なグローバル企業や組織から50人程度の従業員を持つ小規模な企業に至るまで、あらゆる規模のものがあります。その全ての企業が学習環境の構築と教育を必要としているので、顧客基盤は非常に巨大です。当社の持つクラウド製品と新しいオーナーシップによって、私たちはより強く成長していくことができるでしょう」

新CEO Lars Vestergaard氏

創設者と元共同経営者が取締役会メンバーとして継続

Bjarne Mortensen氏は、EFI社の取締役を続投します。「オーナーが望む限り、私は役員を継続していきます。このエキサイティングな時期に貢献していきたいと思っています。EFI社はグローバルに成長していく時期を迎えており、新しく若いエネルギーが発揮されるのを楽しみにしています。」

ELEARNINGFORCEインターナショナルについて

ELEARNINGFORCE International社は、モダン・デジタル・ワークプレイスを体現したEラーニングシステムを提供して、多くの企業と従業員の能力向上に貢献している会社です。
LMS365はOffice 365およびSharePoint環境に完全に統合されたEラーニングシステムで、学習する際の複雑さを一切排除しています。また、LMS365は高度なカスタマイズが可能で、使いやすくUIが優れていて、導入までのプロセスもシンプルで迅速です。学習者が望むニーズに応えるために、直感的なモバイルアプリも提供しており、あらゆるデバイスから、いつでもどこでもEラーニング環境にアクセスすることを実現しています。
2003年に設立されたELEARNINGFORCE International社は、現在では世界40ヶ国以上で400万人のユーザーを抱え、Microsoft社の戦略的パートナー、かつゴールドパートナーに位置付けられています。顧客層は非常に多様で、フロリダ州の農務省、グッドウィル社、アメリカ最大の醸造会社であるパブスト・ブリューイング社、オーストラリアのANACA社などがあります。