Learning Management System for Office 365 – SharePoint Online

品質保証(SLA)について

本頁はLMS365提供に伴うサービスレベルアグリーメント(SLA)について規定するものです。本SLAに基づき、LMS365利用者はサービスクレジットを受領する権利があります。

1. サービス稼働時間のコミットメント

LMS365は1週間の総稼働時間が24時間×7日間であることを基本とし、サービス稼働率が99.7%以上であることを定め、本コミットメントを満たさない場合は、LMS365利用者は以下に定めるサービスクレジットを受領することができるものとします。

2. サービス稼働率の測定

サービス稼働率の測定は、四半期の間のLMS365サービス総稼働時間から使用不能となった時間を減じて計算されます。ただし、以下に定める「SLA適用除外条件」によって直接または間接的に生じた使用不能時間は除外されます。

サービス稼働率=(四半期総稼働時間 - 累積使用不能時間)÷ 四半期総稼働時間 × 100

例)四半期の総稼働時間2,200時間に対し、使用不能時間7時間の場合
(2,200時間 - 7時間 )÷ 2,200時間 × = 99.7%

また、使用不能時間は、5分以内に2つの連続した監視が失敗した場合と定義し、その状態が解消されるまで続くものとします。

3. SLA適用除外条件

以下の各号のいずれかに該当する場合は、本SLAによるサービス稼働率の測定基準には適用されません。

  1. 全体的なインターネットアクセスの混雑、減速または使用不能
  2. ウィルスや不正攻撃などによるインターネットサービス(DNSサーバー等)の利用不可
  3. 約款の条項に記載されている内容に基づく本サービスの停止
  4. サービス利用者または第三者による不正行為、攻撃、妨害などに起因する場合
  5. サービス利用者または第三者のコンピューター機器、ソフトウェア、またはネットワークインフラ等の設備など、当社及びElearningForce International Aps社が管理する設備以外に起因する場合
  6. Microsoft社のOffice 365またはWindows Azureサービスに不具合が生じるなど、正常にサービスが利用できていない場合
  7. 本サービスのアップグレード及びパッチなど、当社またはElearningForce International Aps社が必要と判断し、事前に計画されたメンテナンスによる場合
  8. 火災、停電、地震、洪水、津波、戦争、動乱、暴動などの事由による場合
  9. その他、本サービスの提供を中断する必要があると当社が判断した場合

4. サービスクレジット

四半期間のサービス稼働率の結果に基づき、以下の表の通り契約期間の調整を実施いたします。

サービス稼働率実績サービスクレジット期間
99.7%以上0日
99.0%以上99.7%未満5日間の無償期間延長
99.0%未満10日間の無償期間延長

サービスクレジットは累積で計算され、契約事項に記載されている利用期間を無償で延長します。また、年間サービスクレジットは30日が上限となります。

5. テクニカルサポート保証

当社は、本サービスを利用する上での設定、使用方法などに関して発生するお問い合わせに対して、迅速かつ効果的に解決するよう努めます。
サポートの対応時間は土日祝日を除く、平日の10:00~18:00までとし、全てのお問い合わせに対しては、3営業日以内に回答を行います。
また、本サービスの開発元であるElearningForce International Aps社とも連携を行い、システム的なトラブルが発生した場合も、迅速に解決するよう努めます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Sofia,Inc. All Rights Reserved.