LMS365 がv3.14へアップグレードしました。

アップグレード内容の概要は以下の通りとなります。(画面イメージは日本語化前のものとなります)

クイズのオプション設定が追加されます

① レビューで正解を表示せず、受講者の回答が正解か不正解かのみを表示
② クイズの共有
③ クイズの完了後に受講者にスコアを表示または非表示
④ クイズが変更される前に、クイズを使用しているコースを表示
⑤ 設問アーカイブを変更(編集)できるコースカタログ管理者(ユーザー)を設定

LMS365 Teamsアプリの改善

  • コースのタイトルとサムネイルがチーム内に表示されるようになります。
  • コースのホームページのレイアウトレスポンスが調整されました。
  • 受講者は、コースページおよびチームアプリのダッシュボードから、認定証を直接ダウンロードすることができます。
  • Teamsで利用可能なLMS365チャットボット(英語版のみ)は、ダッシュボードに表示されるものと同様に、受講者の「マイトレーニング」を支援します。
  • ダークモードでより適切に機能するようになりました。ダークモードについては今後フルサポートが予定されています。

ライン管理者ダッシュボードの機能追加

  • ライン管理者が直属の部下のコンピテンシーを付与および取り消す機能の追加
  • ライン管理者が直接レポートの概要をExcelにエクスポートする機能の追加
  • 多くのコースカタログを持つ組織をより適切にサポートするため、すべてのカタログの表示機能を追加
  • ライン管理者ダッシュボードと一緒に、これまでのチームビューを引き続き使用するためのオプションをグローバル設定に追加(注:このオプションは期間限定で利用可能になります)

API

  • /odata/v2/Courses APIエンドポイント用の新しいパッチオペレーターが追加されました。これにより、システムインテグレーターはプログラムでコース情報をより簡単に更新できます。
  • 削除されたユーザーの登録を含む、新しい/odata/v2/Enrollments/IncludeDeletedUsers()エンドポイントが追加されました。これは、登録に関する情報について、組織に存在しないユーザーをコンプライアンス上の理由から含めることが必要な場合、そのレポートで使用できます。
  • api.lms365.systemsの既定値としてSwagger 3.0 UIにアップグレードされました。 新しいUIはより高速で、JSONファイルへの応答本文のダウンロードを可能にします。