医療業界は、高額な医療費や最先端の技術、及び患者の個人情報に触れるため、とてもデリケートな業界です。医療専門家は患者の健康のみならず、刻一刻と変化していく規制に準拠し、サイバー攻撃や訴訟問題などの脅威についても常に気を配る必要があります。現代の医療専門家は、単に治療を行う以上のことを求められるようになってきています。特にこの分野は人の生死に直接関わることがあるので、業界内で起こっている急速な技術進歩や規制に遅れをとるわけにはいきません。

技術の継続的な進歩に合わせたトレーニングが必要になる

医療業界に限らず、多くの業界では新しいテクノロジーの出現と、それに伴う世の中の変化に対応するために、従業員の持つ知識を最新に保つ必要があります。そして、新しい技術やそれに伴って生まれる新しいツールが統合された最新テクノロジーを活用していくためには、日々のトレーニングが欠かせません。医療業界も同様に、最先端の医療テクノロジーやプロセス、それに伴う高度な医療機器などを活用するために、継続的なトレーニングが絶対視されています。

特に、急速に進化していく技術革新、政府からの規制、及び患者からの期待は、医療行為を実施することのみが治療ではないという新しい環境を作り出しています。

医療業界の目標は、依然として質の高い医療技術を提供することですが、そのためには医療専門家は、今まで以上に最新のテクノロジーを把握し、それに対応していく能力を求められています。様々な医療機器やツールには、実際の現場で活用していくために必要な規定や細かいトレーニングが付随しています。

しかし、実地トレーニングは費用もかかる上、日程などの調整が必要となり、医師が忙しいスケジュールの合間に参加するのが難しいという現状もあります。にもかかわらず、新しい技術だけでなく、それに付随する政府からの規制に準拠した継続的なトレーニングは、医療分野には不可欠です。医療専門家が最新の医療機器とそれを扱うためのルールを把握できていないと、訴訟による高額な罰金、免許の失効、または患者を治療するどころか危害を加えてしまう可能性すらあります。

ほとんどの医療機関にとって、これらのリスクは最も関心の高い事柄であるため、医療専門家に対して質が高く継続的なトレーニングを提供する方法について、常に新しい取り組みが模索されています。その結果、命を救うことに自信を持ち、良く多くの知識を携え、コンプライアンス意識の高い医療専門家が誕生しているのです。

24時間体制の学習とトレーニングを提供するeラーニング

医療専門家は、他の職業と比べても格段に厳しいスケジュールの中で仕事に従事しています。また、医師免許を取得するために、長い期間に渡り高等教育を受けた後でも、継続的に学習が必要となります。膨大な量の新しい知識を継続的に学んでいくことが、医療に携わる上でとても重要であることを、医療専門家自身も理解しています。

それでは、厳しいスケジュールの中で従事している医療専門家にどのような形でトレーニングを提供するのが良いのでしょうか? その答えは、トレーニングの一環としてeラーニングを活用し、いつでも、どこでもトレーニングを受けられるようにすることです。LMS365のような学習プラットフォームを活用し、医療機関及び医療専門家が専門的で継続的な学習をすることがどれほど効果的なのか、例をみてみましょう。

ブレンディング研修を活用する

ブレンディング研修を活用することで、医療業界のみならず、さまざまな専門家は重要な情報を継続的に学習していくことができます。例えば、現場に入る若手の医師のために、入院患者の扱い方に関するトレーニングがあるとします。彼らはおそらく、椅子に座ってスクリーン上のプレゼンテーションを見ているだけでは、病気の患者にとっての最善の方法を学ぶことは難しいでしょう。

eラーニング機能のあるLMSを使用すると、Microsoft Office 365のような使い慣れたツールを統合して、インタラクティブなビジュアルや動画を通じて、入院患者の扱い方を提供したりMicrosoft Teamsを活用して同僚とロールプレイ形式のプラクティスを提供したりすることが可能になります。

コンプライアンス維持も重要

何よりも医療コンプライアンスとは、患者に安全で質の高い医療を提供することです。そのため、業界の規制やルールに準拠し、医療の質を常に向上させると同時に、医療専門家が訴訟や罰則、罰金などの対象にならないように守っていく必要があります。

LMSを使用することで、重要な規制情報のアップデートを簡単に組織内で共有し、いつでも医療専門家がアクセスできるようにすることができます。職務内容や従事場所、または専門分野ごとに特化した個別のトレーニングを提供することもでき、誰がどの学習において認定済みであるかも一目瞭然となります。また、LMSを介してモバイル環境に適合することで、医療専門家は忙しいスケジュールの中においても、外出先で手順やポリシーを確認したり、新しいトレーニングを受けたりすることができます。

学習の進捗状況を追跡

医療機関は、医療従事者が新しい規制を理解していなかったり、新しい技術を把握できていないときに生じるであろうリスクについては重々承知しています。

LMSに備わった学習状況の追跡及び分析機能により、学習者がどの程度のトレーニングを実施しているか、その結果の可否などについても、常に把握することができます。また、同じくLMSに備わっているソーシャル機能を活用することで、患者のプライバシーや情報セキュリティなどの重要な情報に関する現場からのフィードバックを入手したり、それに基づく詳細なレポートを作成することも可能です。

医療業界は、患者の健康や生死に直結しているため、最もセンシティブな業界のひとつです。そして業務内容が個人的である側面があり、利害関係も高くなるため、新しい知識や技術に対する継続的な学習は必要不可欠です。eラーニングを活用すると、医療専門家を訓練し、コンプライアンス意識を醸成させ、最先端知識を常に維持することができ、結果として患者に幸せな健康生活を提供することができるようになるでしょう。
LMS365を活用した医療業界の事例などについてはこちら(英語)をご参照ください。