世界がデジタルシフトしていることは明白です。このペースの速いビジネス環境の中で最大限のパフォーマンスを発揮するために、企業にはデジタルトランスフォーメーションが求められています。そんな中Microsoft 365は、業務のデジタル化とそれに伴う合理化を進めるにもっと適したツールであるとの評価を得ています。

Microsoft 365には生産性を向上させるための様々なアプリケーションが存在していますが、多くの企業はその一部しか利活用できていません。高性能なアプリケーションが揃ったMicrosoft 365を十分に利活用できないのは企業にとっても大きな損失となるでしょう。

Microsoft 365の利活用を促進することで、アプリケーションに対する投資効果を最大化し、このテクノロジーがもたらすメリットを十分に享受することができます。ただ、残念ながらアプリケーションの利活用を進めるには困難も伴います。従業員へのトレーニングやサポートを行うために人材開発や情報システムの担当者は有効な学習管理システム(LMS)を模索していますが、選択肢は決して多くありません。

従業員利活用における主な課題

従業員にMicrosoft 365のような統合ツールを利活用させるために、企業が直面している課題はなんでしょうか?

一言でデジタルトランスフォーメーションといっても、それは簡単なことではありません。新しいテクノロジーを業務に取り入れるためには、単にデジタル機器やアプリケーションを導入するだけでなく、企業の文化や業務タスクの進め方などを変えていく必要があります。

人は誰しも変化に対して、不安や心配を抱いたりネガティブな感情を持つものです。特に変化の先にあるものがぼやけている場合、それはより顕著になります。また、変化は今ある快適性を一時的に損なう恐れもあり、完全に受け入れるのは難しいものです。それらを踏まえて、従業員にデジタルトランスフォーメーションの重要性を訴え適応していかなければならないのです。

デジタルトランスフォーメーションに向けた新しいアプリケーションの社内トレーニングは重要ですが、学んだ知識やスキルを実際の業務に活かしていかないと、すぐに忘れられていきます。もちろんそこには企業としての戦略性が必要となり、継続してトレーニングを続けられる環境も必要となるでしょう。これにはMicrosoft 365用に開発された学習管理システム(LMS)を採用するのが最も適しています。

Microsoft 365に適したLMSを導入するメリット

今年の初めに、Microsoft社は独自のMicrosoft 365 Adoption Guideをリリースしました。
企業がMicrosoft 365を効果的に利活用していくための3つの手順が公式に発表されています。これら3つの手順をご覧いただくと分かるように、学習管理システム(LMS)がMicrosoft 365の可能性を最大限に引き出すために有用なツールとなります。

  1. 戦略:Microsoft社は利活用を進めるための最初のステップは、十分に検討されたビジョンとアクションプランであるとしています。LMSを通じて従業員に様々な問題を提示することで、世の中の技術変化に対する心構えをテストすることができ、利活用に向けた戦略と合わさって自分ごと化していきます。
  2. 教育:次のステップは従業員に効果的なトレーニングを実施することです。LMSを活用して従業員向けにカスタマイズされたトレーニングを実施することで、戦略やビジョン、アクションプランを周知していきます。
  3. 価値創造:最後のステップは展開後の継続的なサポートです。LMSを通じて従業員の理解度や活用度などを測定し、把握していくことが重要になります。

多くの学習管理システム(LMS)は、これらのステップを実現するための機能を有しています。しかし、Microsoft 365と統合された学習管理システム(LMS)であれば、より効果的であることは想像するまでもないでしょう。

Microsoft 365向けに特化した学習管理システム「LMS365」

LMS365はMicrosoft 365に統合された学習管理システムですので、様々なMicrosoft 365アプリケーションと連携することが可能です。これは管理者にとっても従業員にとってもアクセシビリティが非常に高いことを意味します。
当然LMS365の設計思想はMicrosoft 365の機能やパフォーマンスを最大限活用することに主眼が置かれており、従業員トレーニングとその他のアプリケーションの業務利用とを統合することで、Microsoft 365利活用の促進に大きな力を発揮します。

Microsoft 365の可能性を最大限に引き出すことができるのがLMS365です。

  • いつでもどこでも、従業員はOffice365やSharePointにアクセスすることが可能です。
  • Microsoft Teamsでの学習にソーシャルエクスペリエンスを追加します。これにより、プラットフォームの全機能を使用して従業員を効果的にトレーニングすることができます。
  • 学習コースの作成は、WordやPowerPoint、Microsoft Stream等のコンテンツを使って簡単にできます。
  • LMS365はMicrosoft 365上に直接展開されるため、セットアップ/インストールは簡単に素早く行うことができます。
  • Power BIを利用することで学習履歴や状況をビジュアル化して、従業員の学習進捗を分かりやすく把握できるようになります。

Microsoft 365のような統合アプリケーションへの投資は、企業としては決して無駄にはなりません。さらにLMS365を導入することで、従業員の利活用を促進し業務の中で役立てることができるようになるでしょう。

LMS365を開発しているElearningForce社は、MicrosoftゴールドパートナーとしてMicrosoft社と連携し、豊富な情報と手厚い支援により全世界にLMS365を提供しています。
また、全世界のパートナーと協力することで、それぞれの地域や国、企業の特性に応じたサポートをしています。