2017年に入って半年以上が経ちましたが、LMS365は非常に早いスピードで展開し続けています。
1月以来、このOffice365用の最新クラウド型LMSの導入ユーザーはグローバルで大きく増加し、アクティブな顧客総数は3倍に達しました。

この急成長は、LMS365を開発しているデンマークのソフトウェアベンダーであるELEARNINGFORCE社が、2014年にマイクロソフト社の「クラウドファースト、モバイルファースト」戦略に合わせる形で、正しい製品戦略を推進した結果です。

従来のオンプレミス型SharePoint Serverをベースとした製品展開から、Office365に合わせたクラウドモデルへの転換を決断、実施してから今まで約3年がかかりました。
この努力の結果、現在では約8割のお客様がクラウドモデルあるLMS365クラウドをOffice365とシームレスに結合させた形でご利用くださるまでになりました。

LMS365はトップレベルを目指しています。

現在ご利用中の150以上のお客様は、LMS365をグローバルで活用しています。
金融、製造、小売、エネルギー、公共セクターなど、幅広い業界において世界中で利用されており、LMS365の稼働するMicrosoft Azureのリージョンも、現在ではヨーロッパ、アジア、アメリカにまで拡張しています。

【セールス担当役員】
Office365と完全に統合されたLMS365に対する需要は圧倒的であり、我々の挑戦と成長も、まさに今始まったところです。
2017年の最初の半年間でグローバルでのユーザー数が倍増し、2017年を終える頃には、さらに倍増していることでしょう。
(Lars Vestergaard, VP of Sales, ELEARNINGFORCE)

モダン・デジタル・ワークプレイスのための学習管理

他社製品と比べた際のLMS365の大きな差別化要因の一つして、「モダン・デジタル・ワークプレイス」として普段使い慣れたインターフェースを備えていることにあります。

今日では「モダン・デジタル・ワークプレイス」は従業員が効果的に業務を推進することを万全にサポートすることを求められており、LMS365は展開の早いビジネス環境に適合していくためにモバイルアプリケーションを強化し、いつでもどこでも学習が出来る環境を整備しています。

Office365は従業員それぞれの働き方を支援する幅広いソリューションを提供していますが、LMS365はこのような環境に加えOffice365をさまざまな教育のニーズに合わせて一元的にご利用いただける機会を提供しております。

【LMS365利用ユーザー企業担当者】
LMS365は絶対におすすめです。
これは社内教育のあり方に変革をもたらしました。我々は今後LMS365の利点を活かしつつ、教育プログラムを外部へも広げていこうと思っています。
(Janine Weightman Knowledge Manager, Penspen)

急成長しているにもかかわらず、ELEARNINGFORCE社のLMS365開発チームは、Microsoft社のサポートチームとの連携を途切らせることなく、共に市場戦略を推し進めております。

2020年までにLMS365のアクティブユーザー数を10倍にすることを目標に展開を進めてまいりますので、引き続きよろしくお願い致します。