LMS365のバージョン3.0から、新しいSharePoint Framework(SPFx)をサポートし、従来のSharePointサイトと新しいModern SharePointサイトの両方でLMS365を実行できるようになりました。最新のModern SharePointサイトは、UIに優れておりモバイル使用にも焦点が当てられています。

LMS365の各機能でも、Modern SharePointサイトに準拠した新しいインターフェースを活用することができ、Office365ファミリーの「Sway」や「Stream」「Forms」と連携することで、受講者のトレーニング環境を飛躍的に向上させます

新機能の紹介

ラーニングモジュール、クイズ、SCORMのインターフェース改善

ラーニングモジュールビルダー、クイズ、SCORM&AICCでは、インターフェースがModern SharePointサイトに完全に適合しました。

また、Sways、Microsoft Stream、Microsoft Formのビデオを「フルスクリーン」で視聴できるようになり、LMS365のトレーニングにアクセスするユーザーのエクスペリエンスが向上しました。

グローバル設定の追加


LMS365管理センターにグローバル設定が追加されました。グローバル設定では、コースカタログの作成や言語ファイル、ライセンス、モバイル設定を行うことができます。

SharePoint Framework(SPFx)への対応

LMS365のバージョン3.0から、新しいSharePoint Framework(SPFx)をサポートし、従来のSharePointサイトと新しいModern SharePointサイトの両方でLMS365を実行できるようになりました。

クイズ機能の強化

クイズに「ナビゲーションの許可」オプションが追加され、受講者はクイズに回答する際に、今回答している設問を飛ばして次に進めるようになりました。このオプションをONにすると受講者は設問間を自由に行き来できるようになります。

また、受講者はクイズを提出する前に、もう一度自分の回答を見直して変更を行うことが出来るようになりました。

目標コース・オプションの追加

これまでの「訪問者」オプション設定が「目標コース」、「目標トレーニング」オプション設定に変更されました。

このオプションを有効にすると、該当の学習コースを閲覧できる人を受講者以外にも指定することが出来ます。

モバイルアクセス環境の強化

モダン・デジタルワークプレイス環境では、学習プラットフォームにいつでも、どこからでもアクセスできることが不可欠です。

LMS365のモバイル専用アプリは引き続き改善を重ねており、このリリースでは、より直感的なメニューを備えた新しい外観に変更されました。

また、モバイルアプリのルック&フィールや表示メニューの設定などを細かく管理画面から変更できるようになりました。

LMS365をお試し頂くための、無料トライアルを用意しております。