平素よりLMS365 for Cloud製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
2017年10月16日にLMS365 for Cloudバージョンアップ用の最新モジュールがダウンロード可能となりました。基本モジュールバージョンは、「2.0.0.0」より「2.1.0.30」に変更となります。

当サイト上で最新のモジュールがダウンロードいただけるようになっておりますので、以下参照の上、アップデート作業を実施してください。
ダウンロードページはこちら>>
※「インストール用モジュール」→「LMS365の基本モジュール」→「コースカタログ アドオン モジュール」よりダウンロードしてください。
※ダウンロードしたモジュールのファイル名が「LMS365-Course-Creation-Catalog-2.1.0.30.zip」であることを確認してください。

また、LMS365|Course Creator&Catalogの最新のユーザーガイドは11月1日(水)に公開予定です。上記リンクよりダウンロードしてください。

なお、本アップデートに伴うサービスの利用停止はございません。

コースカタログ機能が新しくなります。

新しいコースカタログとしてモダンデザインが採用され、表示パフォーマンスも大幅に改善されます。

  • カードデザイン:従来のリスト表示だけでなく、カード形式での表示が可能になり、一覧性が格段にアップしました。また、カードをクリックすると、コースの詳細を閲覧することができるようになりました。
  • 各種フィルタリング:学習コースのカテゴリや種類でのフィルタリングが簡単にできるようになりました。また、設定によりカテゴリボタンを最大5つまで表示できますので、より操作性がアップします。
  • 学習コースの評価:受講者は学習コースを受講するとそのコースを5段階評価することができます。
  • コースの並べ替え:コース名や登録日時、評価ランキングで学習コースの表示順を変更することができるようになりました。
  • 各種設定:コースカタログに関する各種設定項目には簡単にアクセスすることができます。

更新方法

1.こちらよりLMS365の最新バージョンのモジュールをダウンロードしてください。

2.テナント管理者にてSharePoint Onlineアプリカタログに移動し、既存の「Elearningforce.CourseCatalog.App.app」に上書きしてください。
※モジュールを同一名称でアップロードすると自動で上書きとなります。
※バージョンが「2.1.0.30」となっていることを確認してください。

3.最新バージョンのモジュールをインストール後、LMS365を使用しているサイトコレクションに移動し、アドインのアップデートを実施します。
※アドインのアップデートはテナント管理者権限で行います。

4.歯車メニューより[サイトコンテンツ]を選択し、「LMS365 | Couse Creator & Catalog」の[詳細]を開き「取得」ボタンをクリックします。

5.アプリの権限を確認する画面が表示されますので、[信頼する]もしくは[OK]ボタンをクリックしてください。

6.アドインをアップデートすると、下図のように「LMS365 | Couse Creator & Catalog」がグレーアウトされた状態となり処理を行います。アップデート完了までしばらくお待ち下さい。

※併せて、その他のアドインのバージョンが古い場合は更新を行ってください。

以下は、アプリのバージョンを1.x.x.xからアップデートした場合の手順です。

7.アドインをアップデートすると、新しいSharePoint Webパーツとして「Course Catalog」がLMS365 Webパーツギャラリーに追加されます

8.コースカタログWEBパーツを利用しているページへ移動し、歯車メニューより[ページの編集]→[挿入]→[Webパーツ]→[LMS365]→[Course Catalog]を選択して、既存のWebパーツとの入替えを行ってください。

今回追加された機能についてのご意見ご要望は、お問い合わせページよりご連絡ください。
皆様の声をお待ちしております。
今後とも、LMS365 for Cloudをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。