2017年7月21日(金)にLMS365がVer2.0にアップデートされます。

今回のアップデートにより、ユーザビリティが改善され、管理者機能もより簡易化されます。
学習コースの作成にかかる時間が短縮されたり、LMS365の初期セットアップ時にSideLoadingの設定が必要なくなるなど、さまざまな点において改善されます。

主な変更点

  • 管理者画面のユーザーインターフェース刷新
  • SideLoadingの撤廃
  • 学習コースの作成にかかる時間の短縮
  • ユーザー管理機能の改善
  • 学習コースサイトの変更
  • 学習コース作成フローの強化

管理者画面のユーザーインターフェース刷新


管理者画面に、新しいナビゲーションメニューが実装されます。このメニューから全てのLMS365アドインの機能を統合して管理できます。
アップデート後、デフォルトのユーザーインターフェースは新しいものに自動的に変更されますが、”Go to the old admin center”のボタンをクリックするだけで、従来のユーザーインターフェースに戻すことも可能です。

SideLoadingの撤廃

これまでは、SharePointのサイトコレクション上でSideLoadingを実行する必要がありましたが、今後はこの操作は不要となります。

学習コースの作成にかかる時間の短縮

開発チームでは学習コースの作成後、実際に使えるようになるまで5分以上かかっているという状況を解決しようと苦心し、新しいバージョンにおいては1分以内で完了できるようになります。

ユーザー管理機能の改善

管理者は、全てのコースにおいて簡単な操作で受講者の削除とエクセルレポートの出力ができるようになります。
エクセルレポートには、受講者がどのコースに参加していて、それは受講者自身が受講登録をしたものか、Active Directoryを通して登録されたものなのかが表示されます。

アップデートへの対応方法

これらのアップデートはELEARNINGFORCEの開発チームによって行われますので、何らかの操作を行う必要はありません。