Learning Management System for Office 365 – SharePoint Online

ODataによるPower BI連携方法

  • HOME »
  • ODataによるPower BI連携方法

Power BIにLMS365の受講データを取り込む手順は以下の通りとなります。
尚、取り込み時にAPIキーが必要となります。お使いのAPIキーについてはLMS365サポートまでお問い合わせください。

  1. Power BI Desktopを使用し、新しいレポートを作成します。
    ※ Power BI Desktopのダウンロードはこちらから
  2. リボンメニューより[データを取得]→[ODataフィールド]を選択してください。
    ODataフィールドの選択
  3. ODataフィードの入力画面が表示されますので、「https://je-api.365.systems/odata/v2」と入力してください。
    ODataフィールドに入力
  4. ODataへのアクセス確認画面が表示されますので、[基本]タブのユーザー名とパスワードの双方にAPIキーを入力してください。
    APIキーを入力
  5. APIキーによる認証をクリアすると、以下のLMS365データテーブルの一覧が表示されます。
    LMS365データテーブル一覧
  6. 使用するテーブルを選択し、レポート化を行ってください。
(参考)LMS365データテーブルのリレーションシップ

(参考)LMS365データテーブルのリレーションシップ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
PAGETOP
Copyright © Sofia,Inc. All Rights Reserved.