よくあるご質問

ソーシャル・ラーニングって何ですか?

一般的に社内の学習環境としては、従業員は実際の学習内容の約80%は共に仕事得する仲間や上司から得ていると言われています。

その為、従業員への教育は個人個人が単独でそれぞれのことを学ぶではなく、チームで一体となり、より業務に近いところでお互いが教え合い、学び合うことの重要性が取り沙汰されています。

LMS365はいち早く「モダン・デジタル・ワークプレイス」実現の為に、チーム内で情報共有しコラボレーションしながら学びあえる環境を整備しました。
同じOffice365ファミリーである「Microsoft Teams」と融合することで、ソーシャル機能を持つオンラインのワークスペースが作成出来るようになったのです。

「Microsoft Teams」で作成したチームを学習コースの受講者として割り当てることができ、そのチーム内でドキュメント共有やチャットによるディスカッションを繰り返しながら、リアルタイムに、そして仲間同士で楽しくモチベーション高く学びを得ていくことが出来るようになりました

受講管理にPower BIを使うには?

LMS365はODataによるAPI連携をサポートしています。

その為、Power BIにデータを連携させて、Power BI上でより高度な受講分析を行ったり、
棒グラフや円グラフを駆使して、受講状況などを視覚的に表現することが可能です。

LMS365のODataをPower BIに連携させる方法については、こちらをご覧ください

Microsoft TeamsでLMS365を使えるようにするはどうすればいいですか?

Microsoft Teamsの画面上でLMS365アプリを追加することで、チーム内で学習コースを共有したり、学習コースについてチーム内でコミュニケーションを行うことが出来ます。

詳しくは、Microsoft Teams上でLMS365を使えるようにする方法をご参照ください。

LMS365をクラシックサイトからモダンに移行するにはどうすればいいですか?

LMS365のクラシックサイトサポートは2020年3月末までとなります。

LMS365では簡単にモダンに移行できる仕組みを用意しております。

こちらを参照し、モダンへの移行を行ってください。

学習教材やテスト問題をLMS365システムだけで作成することは出来ますか?

ラーニングモジュールビルダーを使用することで、以下の様なファイルを学習教材として利用することが出来ます

  • PowerPoint
  • Word
  • Excel
  • PDF
  • YouTube
  • Office365 Video
  • Office Mix
  • インターネットURL
  • 動画ファイル
  • その他ドキュメントファイルへのリンク

全てドラッグ&ドロップを始めとした、画面操作上で直感的に簡単に教材を作成頂くことが可能です。

PowerPointスライドを学習教材として利用出来ますか?

ラーニングモジュールビルダーという機能を使うことで、PowerPoint上のオブジェクトやアニメーションをそのまま学習教材として利用することが出来ます。

登録方法も、お手持ちのPowerPoint資料をドラッグ&ドロップし、教材名を入力するだけですので、気軽に学習教材を作成頂くことが可能です。

無料トライアルでは、どんなことができますか?

機能、利用者数、登録教材数などの制限はありませんので、教材を作成したり、全体的な使い勝手や機能の確認が行えます。

スマートフォンには対応していますか?

専用アプリが用意されております。

無料トライアル期間はどれくらいですか?

無料トライアル版をインストールしてから30 日間です。

自社で保有しているeラーニング用の教材を載せる事はできますか?

SCORM標準規格に準拠している教材であれば、インポートしてそのままお使い頂くことが出来ます。

また、PowerPoint資料もそのまま学習教材化できますので、現在PowerPointにて社内で発信している情報を元にeラーニングコースを作成することも可能です。