コース作成&カタログ機能

 
コース作成

コース作成&カタログ機能

 

シンプルで簡単な学習コースの作成と多彩なオプション

学習コースはとても簡単に作成出来ます。
数カ所の必要事項を入力し「作成」ボタンをクリックするだけです。

必要に応じて様々なオプションを選択することで、多様な学習コースを作成することも出来ます。

管理画面のメニュー構成もMicrosoft 365管理画面の構成を踏襲していますので、始めての方でも非常に使いやすく設計されています。

実地の研修やオンライン研修とも融合可能

また、eラーニング用の学習コースだけでなく、研修などを前提としたクラスルームトレーニングやオンライン研修用のウェビナーも作成可能です。もちろんOutlookと連携しているので、自動的に会議室の予定を押さえて、各受講者のスケジュールにも研修予定が自動登録されますので、開催日や場所の通知などの運用負担からも開放されます。

多様なオプション設定

特定の受講者のみが受講できる限定コースの作成や、受講期間の設定、承認フローの設定などが簡単に行えます。
受講者の割り当てもMicrosoft 365のユーザー情報やセキュリティグループ情報が使えるので、社内でeラーニングを展開するにあたって受講者管理での負荷が大きく削減出来ます。

教材の種類を選択

学習コースの中でどんな教材を使用するかを選択できます。

  • SCORM:eラーニングの共通規格であるSCORM規格で作成された教材
  • クイズ:クイズ機能で作成したテスト教材。またSCORMと同様にeラーニング共通規格のQTIをサポート
  • ラーニングモジュール:ラーニングモジュール機能で作成したPowerPointやExcelなどの教材

コースごとの進捗状況も、ひと目で把握

学習コースごとに、現在何人の受講者が受講をしていて、何人が修了しているのか等、受講者の一覧表示からその詳細までを管理画面上でひと目で把握することが可能です。

もちろん、結果をExcelファイルとしてダウンロードすることも可能です。

受講できるコースを一覧表示する「コースカタログ」を搭載

自律的学習が叫ばれる昨今、学習者(社員・職員)が自身の興味関心やキャリア意識にもとづいて学んでいくことを推奨する企業・団体が増えています。
LMS365はそんなニーズに応えられるコースカタログ機能を標準搭載しています。

学習コースを作成すると自動的にコースカタログ上に掲載され、受講者がコースの検索や概要の閲覧などを行うことが出来るようになります。
コースを作成する際のオプション設定によって、学習コースをカタログ上に表示しないようにすることも可能ですので、一部の受講者に向けた限定コースも作成することが出来ます。

豊富な検索機能

コースカタログ上ではカテゴリやコースの種別によって自由に学習コースを絞り込むことが出来ます。受講者は自分の興味がある分野の学習コースを、すぐに絞り込んで学習に取り組むことが可能です。

人気コースが分かるソーシャルレイティング機能

受講者は学習コースの受講を完了すると、その学習コースに対して5段階で評価を付けることが出来ます。
これにより、今社内ではどんなスキルや知識の学習が注目を集めているのか、周りの同僚はどんなことに興味を持っているのかが分かります。

SharePoint Online機能をフル活用した学習コースサイト

学習コースを選択すると、その学習に関する詳細ページが表示されます。
この学習コース用サイトは、コース作成時に自動的にSharePoint Online上に作成されます。

この学習コース用のサイトもSharePoint Onlineの機能を使用して作成されていますので、独自にWEBパーツを配置して拡張することが可能です。

また、SharePoint Onlineの機能を使用して学習コースをカスタマイズした後、そのサイトをテンプレートとして保存することで、次回別の学習コースを作成する際に、同じ構成の学習コース用サイトを作成することが可能となります。

SharePoint Online機能を使った権限分け

コースカタログは、SharePoint Onlineの権限思想に基づき、サイトコレクションごとに独立した管理が出来るようになっています。
部門やグループ単位などでサイトコレクションを分けることによって、それぞれに学習管理者を設置し、独立した管理をすることが可能です。

また、受講者はダッシュボード機能を使うことで、複数のサイトコレクションのコースカタログに配信されている学習コースの中から、自動的に自分に関係する学習コースのみを横断的に抽出して管理することが出来ますので、受講する学習コースごとに異なるサイトにアクセスする必要がありません。