Learning Management System for Office 365 – SharePoint Online

APIを使用してカスタムデータを受講者一覧に追加する方法

  • HOME »
  • APIを使用してカスタムデータを受講者一覧に追加する方法

LMS365 API(例えば SwaggerまたはPostman)を使用して、受講者のプロファイル列を追加したり、独自のデータソースで既存のデータを編集することができるようになりました。カスタム同期を有効にすると、LMS365はMicrosoft Azure ADのデータフィールドを同期しなくなりますが、APIを介してデータソースからデータを取り込むができます。
カスタム同期の設定はグローバル設定の「LMS管理」>「ユーザープロファイル列」で行います。

この機能は以下のような目的で使用することが出来ます

  • 新しいカスタム列を追加する
  • 既存の(独自の)ユーザープロファイル列を使用する
APIの仕様については、開発元サイト(英語)をご参照ください。使用方法について不明点がある場合は、開発元のサポートチームとお繋ぎさせていただきます。

新しいカスタム列を作成する

  1. API:/odata/v2/UserFields
  2. パラメーターを指定します(以下は例となります)

※以下のデータ型がサポートされます。(設定後の変更は出来ません)

  • String(文字列):パラメータフィールドに0を入力
  • Boolean(論理):パラメータフィールドに1を入力
  • Number(数値):パラメータフィールドに2を入力
  • Date and Time(日付と時間):パラメータフィールドに3を入力

カスタム列を更新する

  1. API :/odata/v2/Users(‘{LoginName}’)/ UpdateUserFieldValues
  2. 値と必要なすべてのパラメータを指定するユーザーのすべてのプレフィックス(接頭辞)を含む完全なログイン名を入力します

※(カスタム列)Field IDを取得するには、APIのGET /odata/v2/UserFieldsを使用することで戻り値の中で取得が出来ます。

※値はフィールドのデータ型に対応している必要があります。

※数値型の列には、正数または10進数を指定できます(小数点またはコンマ以下2桁まで)

LMS365のシステム列を更新する

  1. API:PUT odata/v2/Users(‘{LoginName}’).
  2. 2) 値と必要なすべてのパラメータを指定するユーザーのすべてのプレフィックス(接頭辞)を含む完全なログイン名を入力します

(原文):https://helpcenter.elearningforce.com/hc/en-us/articles/360001404598-How-to-add-custom-data-to-the-Learner-List-via-API

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
PAGETOP
Copyright (c) Sofia,Inc.