Learning Management System for Office 365 – SharePoint Online

Microsoft Teams上でLMS365を使えるようにする方法

  • HOME »
  • Microsoft Teams上でLMS365を使えるようにする方法

Microsoft Teams用のLMS365を使用することで、受講者はチーム内で学習コースを検索し受講を進めることが出来ます。

以下のようなことが実現できます。

  • 初期設定(よく使う)コースカタログを選択することができます
  • 興味関心のある学習コースやクラスルームトレーニング、ウェビナーなどを検索することができます
  • 学習コースをチーム内で共有して他のユーザーに受講を促すことができます
  • 学習コースを軸にチーム内でコミュニケーションを行うことができます
  • ダッシュボードをTeams内に表示し、自身の受講状況をいつでも確認することができます

Microsoft TeamsへのLMS365アプリのインストール

Microsoft Teams上でLMS365を使えるようにするのは非常に簡単です。以下のステップに従ってすすめてください。

  1. Microsoft Teams Storeで「LMS365」を検索してください
  2. LMS365を個人用途のみで使用するのか、参加しているチームにも追加するのかを選択します
  3. [インストール]ボタンをクリックします
  4. チーム画面に移動すると、LMS365のアイコンが表示されるようになります。
    このアイコンをクリックすることで、公開されている学習コースの表示や検索を行うことが出来ます

チーム内にLMS365タブを追加する方法

以下の手順で、チーム画面にダッシュボードやコースカタログのタブを表示させることが出来ます

  1. まずは、タブを追加する対象のチームを選択します
  2. チーム画面のヘッダー部にある[+]リンクをクリックします
  3. 「タブの追加」画面にて「LMS365」を検索し、表示されたLMS365パネルをクリックし、[インストール」ボタンをクリックします
  4. 追加するタブの種類を「ダッシュボード」「コースカタログ」「学習コース」の3つから選択できます。コースカタログや学習コースを選択した場合は該当のURLを入力してください
  5. ダッシュボードタブを追加すると以下のようになります。

チーム内で学習コースの共有を行う方法

チームのディスカッション画面下部にあるLMS365マークから、学習コースを選択すると、会話の中に学習コースパネルが表示されます。

学習コースパネル内の「View Course」をクリックすると、Teams内に学習コース画面が表示されますので、受講を進めてください。

Microsoft Teams StoreでLMS365アプリが表示されない場合

Microsoft Teams Store上にLMS365などの外部アプリを表示させるためには、Office365の設定(Microsoft Teams管理センター)で外部アプリの利用許可がONになっている必要があります。

詳しくはテナント管理者にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
PAGETOP
Copyright (c) Sofia,Inc.