スタッフ・アルバイト教育指導の課題とは?成功ポイントについてLMS活用事例をもとに解説

企業にとって社員やアルバイトの教育は、スタッフの働きが企業の業績に直結するため優先して取り組むべき経営課題です。

しかし、組織が大きくなるほど安定したスタッフ教育を行うのは難しくなります。そこで、社員の教育指導の課題やその解決策を解説するとともに、大規模なスタッフ育成の事例やおすすめのツールをご紹介します。

LMS365を無料で
30日間お試ししませんか?
担当者よりご返信いたします

大規模なスタッフ教育で発生する5つの問題点

stuff-weak-points

小規模な組織であれば、指導者がスタッフの様子を確認しながら教育を行うことが可能でしたが、組織が大きくなるにつれスタッフの教育管理が難しくなります。

しかし、大規模な組織であっても一定の水準でスタッフ教育をし続けることが重要です。大規模なスタッフ教育が実施可能な体制を構築できれば、業績向上やさらなる事業規模の拡大に繋げることができます。

本章では大規模なスタッフ教育で発生する5つの問題点を解説します。

問題点①:教育担当者の能力による影響

大規模な組織でスタッフ教育を実施しようとすると、教育担当者の指導力や教育力によって育成効果に差が出てしまうため、部門や拠点によってスタッフの能力に差が生じてしまいます。

また、育成を担当するスタッフの数が不足していると、満足なスタッフ教育ができずに組織の生産性が著しく低下してしまう可能性もあります。

問題点②:スタッフの能力にバラツキがある

スタッフの人数が多ければ、その分各自の能力やモチベーションが異なるため、スタッフの適性に合わせて教育内容を変更する必要があります。各スタッフの適性を見極め、適切な教育を提供しようとすると膨大な時間がかかり、教育担当者にさらなる負担がかかってしまいます。

また、能力のバラツキは人材育成の土壌形成にも影響を及ぼします。意識的にリーダー層を育成していかなければ、目の前の業務に取り組む人材のみが増え続け、次世代を育成する人材を確保することができません。

問題点③:教育コストがかかる

スタッフ教育には、指導者の人件費や研修費用、研修用の設備費用などさまざまなコストがかかります。特に研修担当者を業務スタッフが兼任する場合は、通常業務の人員を減らしてスタッフ教育を行わなければならないため運営に影響を及ぼすことがあります。

1回の研修でかかる時間や費用のコストは大きいものではないかもしれません。
しかし、スタッフ教育は企業を経営していくうえで永続的に取り組まなければならない課題であるため、コストの削減はできるかぎり早い段階で着手した方がよいでしょう。

問題点④:教育の現状や効果が把握しづらい

スタッフ教育では、教育の現状や効果が把握しづらいことも問題として挙げられます。教育機関とは異なり入社時期や教育内容が一律ではないため、スタッフごとの教育内容や教育効果を明確に管理するのは困難です。

効率的に人材育成を行うためには、教育効果を測定し内容を見直す必要があります。
現状把握ができていない状態で教育を続けていても、形式だけの教育となる場合があるため改善が必要です。

問題点⑤:離職のリスク

スタッフ教育が行き届いていない場合、離職につながる可能性もあります。仕事をする中で成長を実感する機会やスキルアップのチャンスがなければ、もっと成長できる環境で働くためにスタッフが離職してしまうことがあります。

スタッフ教育に力を入れて、徐々に責任範囲が広がっていくようなマネジメントを行うことにより、スタッフのモチベーション維持につながり定着率が上がります。

スタッフに適切な教育機会を与えることは、離職のリスクを低減することにもつながります。

関連記事:社員のモチベーションを高める研修とは?目的や流れ、LMSを活用する方法を紹介


オンライン学習の環境を構築するならLMS365

Microsoft365上で稼働する唯一のLMS「LMS365」は、WordやExcel・PowerPointなどの 慣れ親しんだツールで教材コンテンツを作成することができるため、ストレスなく簡単に導入を進めることができます。 初期費用無料キャンペーンや30日間の無料デモサイト体験を実施しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

大規模なスタッフ教育を成功させるポイント

stuff-poitns

大規模なスタッフ教育には、教育担当者の能力差や教育コスト、現状把握の難しさなどさまざまな問題があることがわかりました。

事業を拡大し続けることに成功している企業は、大規模なスタッフ教育をどのように成功させているのでしょうか。

大規模なスタッフ教育を成功させるポイントを3つの項目に分けてご紹介します。

スタッフ教育成功のポイント①:業務のマニュアル化と共有

大規模なスタッフ教育を成功させるためには業務をマニュアル化し、共有することが重要です。

スタッフの裁量に任せて業務を行うと能力差によって仕事の成果に違いが生じ、連携が取りにくくなってしまうという問題が生じます。
スタッフの業務を完全にマニュアル化することによって、業務を最適化することができ、一定の質を担保することができるようになります。

また、業務の進捗状況や発生したトラブルを共有することも大切です。情報を共有することにより、個人や部署レベルでの知識を組織全体の資産として活用することができるようになります。

関連記事:ナレッジ共有とは?おすすめのマネジメントツールや選び方のポイントを紹介

スタッフ教育成功のポイント②:教育効果の測定と評価

教育効果の測定と評価を行うことも、大規模なスタッフ教育を成功させるために効果的な手段です。

教育効果を測定することにより、企業は効率的な教育内容を取捨選択することができるようになります。また、スタッフが身につけたスキルや資格に対して企業側が評価を行うことで、スタッフのモチベーション向上に繋げることができます。

大規模な組織でスタッフ教育を成功させている企業は、ただスタッフを教育するだけで終わらせていません。教育効果を測定し、その効果を研修設計の改善に役立てたり、スタッフの評価に生かしてモチベーション維持の材料としたりしています。

スタッフ教育成功のポイント③:コストの削減

大規模なスタッフ教育を成功させるためには、コストの削減にも目を向ける必要があります。スタッフ教育は大規模になればなるほど、時間や費用、労力などのコストも大きくなります。

均質な教育を行うためには実際にスタッフを集めて研修を行う方法が効果的ですが、人数分の交通費がかかる上、スケジュール調整が難しいという問題があります。交通費等のコストを削減するために各地で研修を開催しても、教育担当者のスキルにより教育効果にバラツキが出てしまいます。

関連記事:集合研修とは?効果やメリットデメリット、eラーニングとの比較を解説

教育コストの削減と効果の均質化を成功させるためにおすすめなのが、LMSを活用したeラーニングです。eラーニングであれば、時間や場所に関わらず均質な教育を施すことが可能です。

関連記事:eラーニングシステムにかかる費用・料金相場は?導入時の注意点も解説

大規模なスタッフ教育にはLMS365がおすすめ

stuff-lms365-recommend

大規模なスタッフ教育を成功させるためには、業務のマニュアル化や教育効果の測定、コストの削減などの施策が効果的です。

これらのポイントを抑えたスタッフ教育を実施するには、LMSを導入しeラーニングで教育を行う方法がおすすめです。
LMSとはLearning Management Systemの略で、eラーニングによるオンライン学習を効率的かつ効果的に運用するためのシステムです。LMSの重要な要素として、学習管理と教材管理の2つがあります。

LMSについてはこちらの記事で詳しく解説しておりますので、合わせてご確認ください。
LMS(学習管理システム)とは?意味や種類、選ぶ際のポイントを解説

LMSには提供会社によって様々な機能がありますが、大規模なスタッフ教育におすすめの機能が多く搭載されているLMS365について本章では紹介します。

学習教材や学習コースの作成

スタッフ教育に必要な知識やスキルは企業によって異なるため、LMSに標準搭載されている既存の教材だけでは対応できないことがあります。その場合は、独自の教材コンテンツを制作する必要がありますが、自社で教材制作ができない場合は制作の外注が必要になるため、コストが追加でかかってしまいます。

関連記事:eラーニングシステムの教材を使用・制作する際の注意点やポイントを紹介

LMS365には、手軽に学習教材を作成できるラーニングモジュール機能が備わっているため、教育担当者や本社の人事担当者等でも容易に作成することが可能です。

ラーニングモジュール機能を使えば、PowerPointやExcel、Wordなど、おなじみのツールで作成した資料をそのまま学習教材として使用することができます。また、これまでにオリジナルの動画教材やテキストを使ってスタッフ教育を行っていた場合でも、教材コンテンツとして登録し、そのまま使用することが可能です。

新しいツールを導入して教材を作成するのにハードルを感じる人もいるかもしれません。しかし、LMS365はMicrosoft365の管理画面の構成を踏襲しており、初めての人でも直感的に操作できるように設計されているため安心です。

関連記事:Microsoft Teamsとは?機能や活用するメリット、LMS365との連携を紹介

マニュアルの共有化

マニュアルを簡単に共有できることもLMS365の特徴です。

LMS365では、テキストや画像・動画をアップロードして管理側と受講側双方で情報共有することが可能です。これにより、スタッフがいつでもマニュアルを確認することができるため、マニュアルの徹底を図ることができます。

管理者が受講者に一方的にマニュアルを公開するだけでなく、受講者からの質問やコメントを受け付けることも可能です。このようにコミュニケーションが取れることにより、マニュアルをさらにわかりやすい内容へと改善していくことができます。

クイズ機能

LMS365には、クイズを作成しユーザーの理解度を確かめることができるクイズ機能も搭載されています。クイズ作成に難しいスキルは不要で、ドラッグ&ドロップと簡単なテキスト入力で独自のテスト教材を作成することが可能です。

クイズ機能で作成したテスト教材は、受講者ごとの回答回数制限を設けたり、合格点を設定したりすることができるため、スタッフの昇格試験やプレテストなどに活用することができます。

LMS365のクイズ機能で作成することのできるテスト教材は、単一選択問題や複数選択問題、穴埋め問題や自由記述問題などさまざまな形式があり、教育内容に合わせたクイズを作成することが可能です。

関連記事:eラーニングシステムを活用したテスト実施事例を紹介。機能やメリットも解説

モバイル機能

LMS365にはiPhone、Andoroid用の専用アプリがあり、PCだけでなくスマートフォンやタブレットなどでマニュアルや学習コンテンツを閲覧することができます。

スマートフォンやタブレットに対応しているため、移動時間を使って手軽に学習を進めることができるほか、1人に1台のPCを支給していない職場環境でもeラーニングでスタッフ教育を行うことが可能です。

学習状況の管理

LMS365のレポート管理機能を活用すれば、受講者ごとの学習進捗状況を確認することができます。学習状況をこまめに確認することで、管理者が受講者に対して学習を促すなど個別のフォローを行うことも可能です。

また、教材ごとに学習状況を確認することもできます。なかなか学習が進められていない教材があれば、内容を見直したり、教材に関するアンケートを実施したりして教育の質を改善するのに役立てることもできます。

学習状況のレポートはMicrosoft Excel形式でダウンロードすることができるため、必要に応じて情報を抽出することやグラフ化することなども可能です。

【LMS365】最大手小売チェーン様での事例

stuff-lms365-ex

LMS365には、大規模なスタッフ教育に役立つさまざまな機能が搭載されていることについてご紹介しました。

ただ、LMS365の機能紹介だけでは、実際にどのように活用されているのかイメージしにくいかと思います。

そこで、実際に最大手小売チェーン様でLMS365をご活用いただいている事例をご紹介します。

最大手小売チェーンの規模は?

この記事でご紹介する導入事例の企業は、最大手の小売企業様です。

全世界にチェーン展開している企業で、日本国内だけでも2万以上の店舗数を抱えています。

取り扱う商品は、日用品から流行ものに至るまで幅広く、メーカー品だけでなくプライベートブランドの商品も扱っています。

LMS365を導入した理由

近年パート従業員やアルバイトスタッフのモラル低下による行動が世間で問題になることが多いため、従業員のモラルやコンプライアンス意識を向上させるための教育が急務となりました。

国内だけで2万以上の店舗があり、正社員だけでなくパートやアルバイトの従業員を雇用しているため、すべての従業員に質の高い教育を提供するためには時間や費用がかかります。

教育対象となる従業員が全世界に分散していることから、集合研修の実施は難しくeラーニングでの教育を実施することになりました。

LMS365をどうやって活用した?

本社や支社に勤務する管理スタッフ、店舗の店長、パートやアルバイト従業員など、さまざまな雇用形態の従業員が同じシステムで教育を受けられる体制を作りました。

立場や雇用形態によってeラーニングに利用するデバイスは異なります。具体的には、本社勤務のスタッフは会社から支給されたPCを利用し、エリアマネージャーや店長は会社から支給されたタブレット、それぞれの店舗で働くパートやアルバイト従業員は個人所有のスマートフォンを利用してeラーニングを行います。

LMS365ならPCでの利用はもちろん、スマートフォンやタブレットに対応した専用アプリがあるため、すべての従業員が利用することができます。

また、LMS365は学習進捗状況を確認することができるため、各店舗のパートやアルバイト従業員の学習状況を本社の研修担当者が確認するという体制で管理を行っています。研修の受講が遅れたり、止まってしまったりしていることが確認できた場合は、リマインドメールが届くように設定されています。

LMS365では、本社勤務の管理者以外に各店舗の店長も学習状況の確認を行うことができるよう設定することができます。そのため、店舗レベルで細やかにスタッフ教育に関するコミュニケーションを行うことができています。

LMS365の効果は?

eラーニングを通してコンプライアンス面の強化や接客知識の習得をすることができるようになったため、従業員が業務を通じてスキルアップできる職場環境の実現ができているとのことです。

SNSはさまざまなトラブルの元となるため注意事項やマナー、禁止事項等についてLMS365を利用して指導しています。その結果、個人でSNSを利用するスタッフが多いものの、eラーニングでのスタッフ教育を始めてから目立った炎上を起こすことがないとのことです。

また、接客知識やモラルの指導をeラーニングで行うことで、必要な知識やスキルをすぐに確認できるようになり、日々の業務で生じるトラブルが減少しつつあるということも報告されています。

その他の事例記事はこちら

【LMS365導入事例】国立研究開発法人様

【LMS365導入事例】社会医療法人様

【LMS365導入事例】総合商社様

LMS365を導入してスタッフ教育の効果を高めよう

この記事では、大規模なスタッフ教育で発生する問題点や、大規模なスタッフ教育を成功させるポイントについて解説しました。

全国に拠点があるような企業では、教育しなければならない人数が多いこともあり、能力のバラツキや教育コストが問題となります。企業として安定した教育体制を整えていなければ、成長の機会がないと判断され、離職のきっかけになってしまうこともあります。

大規模なスタッフ教育を成功させるためには、LMS365を活用したeラーニングの導入が効果的です。大規模な組織でも安定した教育体制を整えたい人材開発担当者の方は、ぜひLMS365の活用をご検討ください。

その他のおすすめ記事

チーミングとは?意味や必要な要素、学習する組織としてLMSを活用する方法を解説

コンピテンシーとは優秀な人材に共通する能力のこと【研修の方法を解説】

eラーニングシステムを導入するなら「LMS365」

eラーニングシステムを導入するなら「LMS365」がおすすめです。

導入するメリットは、以下の3つです。

  • 導入が簡単
  • 簡単にコンテンツを作成・配信・管理できる
  • Microsoft365上で稼働する唯一のLMS

LMSの導入する企業にとって最も不安なのが、システムの構築と運用管理ではないでしょうか?

LMS365なら新たにサーバーを用意する必要はなく、既存システム(Microsoft365)にインストールをするだけなので簡単に導入できて、セキュリティ面も安心できます。

Word、Excelをはじめ、様々なファイル形式に対応しているため、従来から慣れ親しんだツールでコンテンツの作成や配信、管理ができます。そのため、導入後に操作がわかないという利用者や管理者のストレスは軽減されます。

LMS365なら導入前後のストレスを感じず、簡単に学習システムを構築できますので、この機会にぜひご利用ください。デモサイトでの体験もできますのでお気軽にお問い合わせください。

eラーニングを効果的に運用するなら、使い慣れたPowerPointやWordを
簡単に学習教材として利用できるLMS365がおすすめです。
まずはお気軽にお悩みや課題をご相談ください!
LMS365を無料で
30日間お試ししませんか?
担当者よりご返信いたします

監修者

三上 晃潤

三上 晃潤(株式会社ソフィア 事業開発部 リーダー)

人事部、広報部、経営企画部、情報システム部を中心に、eラーニングシステムを活用した課題解決の提案やLMS365の導入支援を行う。最大手コンビニチェーンや最大手商社等の窓口を担当し、年間25,000ライセンス以上の販売実績を持つ。